AoE4 フランス攻略 オーダー情報

2022年4月21日

フランスの文明特性と、作戦別の操作手順(オーダー)を説明するページです。

AoE4 フランスの特徴

  • 難易度:★☆☆
  • AoE定番の騎士国家。時代Ⅱ進化ランドマークから即、他国より強い騎士育成可。
  • 特殊な操作を必要とする文明特性はないので初心者にもおすすめ

フランス

その騎兵のために知られているフランスは、恐ろしい装甲騎士軍と経済で戦いの流れをひっくり返すことができます。

 エイジオブエンパイアIVのフランス文明は、西暦840〜1559年にまたがり、逆境から繁栄へと戦った中世フランスに基づいています。侵略、疫病、反乱を乗り越え、フランスは強力な近代国家として台頭しました。

フランスの文明をプレイすることで、騎士道と名誉ある戦闘の時代、ジャンヌダルクとフランスの最も暗い時間の時代、大砲の火の轟音で国を解放することができる規律ある常備軍の形成にあなたを連れて行きます。

フランスの町

フランスをプレイする

フランス文明の強みは、彼らの手ごわい騎士の軍隊、火薬攻城兵器、そして貿易における利点にあります。フランスの商人は、必要な資源を取り戻す独自の能力を持っています。これは、資源が不足しているときに貴重な特性です。

フランスの騎兵隊の突撃は敵の戦線を壊し、一撃離脱戦法に役立つボーナスダメージを与える可能性があります。フランス軍ユニットは、特別な体力から特定のフランス軍ユニットのみが利用できる防御ボーナスまで、いくつかのアップグレードにアクセスできます。

フランス軍には独自の影響力システムがあり、砦周辺の弓兵育成所と厩舎からのユニットのコストが低くなっています。彼らのタウンセンターは、時代ごとにユニットをより早く生産することができ、経済を早める上で重要な利点です。

一目でわかるフランスのユニークユニット

ロイヤルナイト

ロイヤルナイト

ロイヤルナイトはフランス文明の重装甲騎士であり、恐ろしい突撃能力を備えています。

アルバトリエ

アーバレトリエ

アーバトリエは強力な射程ユニットであり、遠隔防御のための展開可能なシールドであるPaviseと呼ばれる特別な能力を獲得します。

キャノン

キャノン

キャノンは、フランス独自の機動砲力攻城兵器です。射石砲とは異なり、キャノンは梱包および開梱する必要がありません。

弩兵の弱点は弓って知ってました?
アーバトリエにシールドがあるというのはその弱点をカバーできる特性です!

時代を超えたフランス

時代Ⅰ

時代Ⅰで、フランスの文明は彼らの経済を構築しています。この時代では、経済技術は安価であり、経済的なドロップオフの建物はミルとして採掘所と粉ひき所は費用がかかり、大きな利点で彼らの経済を開始できます。    

時代Ⅱ

ロイヤルナイトは時代Ⅱで利用できます。商工会議所が時代Ⅰで建てられた場合、この時代の商人は追加のリソースを返します。   

時代Ⅲ

ランドマークの一つである王立協会は、すべてのユニークなフランスの技術を収容し、時代Ⅲに低コストでそれらを研究することができます。  

時代Ⅳ

時代Ⅳはフランスのアップグレードオプションをいくつかもたらします。砲兵大学は、化学を使わずに追加のダメージを与えることができる火薬ユニットのロックを解除して、あなたを最後の時代に連れて行くランドマークの1つです。

フランスの文明ボーナス

フランスは強力な騎兵部隊を擁し、要塞化された拠点で生産を加速させることが出来ます。敵に回した場合は、強力な近衛騎士をはじめとする装甲ユニットの突撃に耐えられるよう備えておかねばなりません。

  • 騎乗戦闘
    • より強力な武器とテクノロジーによって強さが増した騎兵を戦闘に投入します。
  • 本土経済
    • より安価な資源備蓄施設と経済関連のテクノロジー、そしてより柔軟な運用が可能な商人によって経済力が強化されます。
  • 前線生産
    • 天守の影響範囲にある弓兵育成所と騎兵育成所で育成されるユニットのコストが下がり、攻勢を維持できます。
  • 文明ボーナス
    • 時代ごとに町の人と斥候の育成速度が向上(10%、15%、20%、20%)
    • 経済テクノロジーのコストー30%
    • 資源備蓄施設の木材コストー25%
    • ゲーム開始時に交易所がミニマップに表示される。
    • 商人が任意の資源を市場に持ち帰れる。
    • 近接攻撃力テクノロジーの研究が無料。
    • 交易船が持ち帰る黄金⁺20%。
  • 影響力
    • 天守の影響範囲にある弓兵育成所と騎兵育成所で生産されるユニットのコストー20%。
  • 固有ユニット
    • 近衛騎士:突撃完了から3秒間、ボーナスだめーじを得る。
    • アーバトリエ:大盾を展開して対射撃装甲5を30秒間得る。(弩兵タイプのユニット)
    • ガレアス船:長射程の射石砲を前方に向けて搭載した大型の軍用ガレー船。

AoE4フランスの時代進化ランドマーク

Ⅰ→Ⅱ騎兵学校肉400 金200騎兵育成所として機能します。すべての騎兵育成所の生産速度+20%。
商工会議所 肉400 金200 市場として機能します。すべての証人と交易船が市場や港に持ち帰る資源+30%。
Ⅱ→Ⅲ王立協会肉1200 金600すべてのフランスの固有のテクノロジーをもたらします。ここでの研究コストは20%下がり、時代条件を無視されます。
組合所 肉1200 金600 時間の経過に伴って資源が生産、保存されます。保存されている資源が増えるほど生産速度は攻城します。食料、木材、石材、黄金のいずれかを選択してください。
Ⅲ→Ⅳ赤の宮殿肉2400 金1200天守として機能し、強力な大弩陣地を備えています。駐留しているユニットに応じて大弩が増えます。
砲術学校 肉2400 金1200 ただちにこの絵砲兵を生産可能になります(ダメージ+20%)。
民族の象徴各4000、石不要民族の象徴を守り抜き、勝利をたしかなものとしましょう。民族の象徴を気づいた他文明は、なんとかしてそれを破壊しようとするはずです。
フランス進化表

AoE4 フランス攻略 オーダー情報

フランスのマルチプレイ動画

時代Ⅱ騎士ラッシュ

2進化に兵士が育成できるランドマークを建てられるのはフランスとイングランドだけである。
更にフランスは騎士の育成速度が上がる上、鉄工所の攻撃力UP系の研究が自動なため、普通は2進化後に騎兵育成所と鉄工所を建てるコストをいきなり攻撃力の上がった騎士の作成コストに使え、結果騎士と町の人育成を回し続けることが可能である。

時代Ⅰ

町の人を生産し続ける。羊に7人、次の一人で採掘所を建てて3人まで金に振る。あとは肉を取る人を増やし続ける。

斥候で羊を集めて連れてこよう。

家ミス(作り忘れ)しないように。

人口16~人位で進化の資源が溜まるのでランドマーク騎兵学校を3人で建てる。

進化中に木を切る人を3人まで増やす。
以降、肉2:金1の人数割合で町の人を増やしていく。

時代Ⅱ

2で相手より早く騎士育成を回して即荒らしに行き、町の人を減らすのが目的。
序盤では町の中心が一つのため、町の人を作り続ける前提下で、町の人を減らされるとそれだけ以降の内政に差がついていく。
町の人の生産を忘れて止めてしまうとラッシュの意味が薄れるため、そこは注意。

木は家建築と収集効率の研究などに使う。

騎士は少しくらいの矢では倒れないため、うまく操作して相手の軍を倒し、スキあらば町の人を倒す。
HPが減った騎士は下げてほかの騎士を狙わせるなど細かい作業で死にづらくすること。

5人くらい狩れたらラッシュオーダーは大成功として、Ⅲを目指す。

騎兵学校で騎士のHP自動回復を研究したり、鉄工所で防御力を上げよう。フランスは攻撃力は自動で上がっている。

相手の軍構成は槍多めになってくると思われるので、
こちらは戦士育成所を建てて軍兵を回し、騎士育成所も追加して回していく。

これらは攻城力の高い組み合わせなので、3入りでベテラン化研究をして詰め。

1v1セミ即Ⅲ、Ⅳオーダー

騎士ラッシュの続きのようなオーダー。

町の人の途切れない育成、家ミスをせず・資源を取り切って内政が止まらない上で荒らしの戦闘をしつつ、相手の中心付近を偵察し、時代Ⅲに入るタイミングの状況判断を求められるため、騎士ラッシュの内政・軍操作は既にうまく出来るレベルの人向けのオーダー。

フランスは町の人の育成が早く、時代進化するほど早くなるため、相手を引きこもらせて荒らしをさせないだけで内政差をつけていける。判断のためには斥候、弓などを相手中心付近の資源収集状況が見える位置に置くことで視界確保し続けることが重要。
相手がⅡで機動力のあるユニークユニットがない、ローマ、デリースルタン国、中国には特に効きやすい。
逆に、Ⅱで騎士が出せる、ルーシ・フランスに対して弓を出すとこちらが負けてしまうのでお勧めしない。
そういう国には代わりに槍を出すより、騎兵育成所を追加して騎士の数で勝つべき。

又、Ⅲ以降の時代に2~3分は差をつけて入れていないと、このオーダーはどこかで失敗している。原因は、

  • 2入りが遅すぎてすでに騎士ラッシュが成立していない(最初から相手が優勢で、ラッシュを返されてしまっている)
  • 自分の町の人作成が途切れていたか
  • 相手が2つ目の町の中心を建てていて発見できていないか、
  • 内政系の研究が不足していたか、
  • 進化に必要ない資源を取って余らせてしまったか
  • 騎士や弓が死んでしまい、相手を反撃に出る気にさせてしまっている

くらい。

時代Ⅰ

金3、木1、あと羊で騎兵学校で進化。

騎士の着弾までに絶対に相手の中心を見つけて資源採集場所を偵察しておく事

時代Ⅱ、心理戦

まず、騎士ラッシュと同様に、騎兵学校からの騎士は2~3体まで最速で相手の町の人に着弾させて荒らす。

相手はフランス警戒で槍や前哨を出すことが多いと思われる。
そこで、騎士ラッシュがが若干止まってもよいので、弓小屋を建て弓兵2~3人も騎士ラッシュの応援に着弾。騎士が死ぬほど中心付近に留まるような無理はしない事。HPが減った騎士は下がらせる。
前哨を複数建てられて手が出しづらくなった時点(ただしこちらが軍優位で生き残っていなければならない。軍が優位なら前哨などが増えていてもよい。)で一旦引いて、相手の中心付近や、前哨を建てていたらそこからギリギリ見える位置に弓を留まらせる。視界ギリギリで見せることが重要で、入り込みすぎると2人しか弓がいないのがバレるので注意。
中心から見て弓を置いた側と反対側もしくは90度の側面は斥候を待機モードで置いて相手を監視する。
操作に余裕があれば斥候を動かして中心の全方位をチェックした方がよい。
ここで監視するのは、相手が無防備な町の中心から離れた資源に遠征に行かないかと、反撃のために前に出てこないかだ。
確実に相手の内政が中心付近だけに押し込めている、鹿などに遠征して内政している場所は無い、相手は前に出ずに軍を貯め始めたことを確認したら軍生産を止める。

相手の思考としては、槍は弓相手に一瞬で溶けるので、更に弓兵育成所・前哨などに防衛に資源を割くことになる。
こっちは自陣に前哨を建てるといった、無駄な資源を使ってはならない。

(もちろん、相手が作っている兵・育成所を監視し、町の人作成を途切れさせてでも軍拡して進軍してくる気配があれば、こちらの進化までに大きな差をつけられないようにこちらもアンチを追加していく。)

相手が引きこもった隙に肉金に集中し、時代Ⅲに入る。王立協会で進化。

時代Ⅲ

王立協会で騎兵の体力30%UPと軍コストダウン研究というトンデモ研究があるので、鉄工所より優先でやる。余ったら鉄工所。その他はアルバトリエの研究が出来る。アルバトリエを使わなければやらなくてよい。

3入りすると、フランスの町の人の作成速度がここでMAXとなる。ここまでにおそらく町の人の数は60:50くらいになっており、相手はすでに防衛に資源を割いている。肉も取れないほど引きこもっていると、畑にも資源を割いている。

相手の兵が溜まっていて戦闘態勢なら、こちらはこれまで無駄にしなかった資源をすべてアンチ育成所増設・軍に割き、騎士メインの同数ならもう勝ち。

もしくは、相手が町の中心増設などに資源を使っているのを見たら、こちらは4進化しよう。

砲術学校で進化。

時代Ⅳ

大学で騎兵など強化しつつ砲術学校から近衛大砲を出して軍に加えていく。詰み。